妊娠時の冷え性対策が大事

よく妊娠時、体を冷やすことは良くないと言われます。皆さんもよくご存じだと思いますが、改めて冷えについて調べてみました。

妊娠すると女性の身体には大きな変化が訪れます。それが体の冷えを引き起こす原因だそうです。例えばホルモンバランスの変化で、体温調節が上手にできなくなったり、姿勢の変化で血行が悪くなったりして、普段は特に冷え性ではない方でも体が冷えやすくなるそうです。そうした体の冷えが妊娠初期のつわりや、お腹の張り、足のむくみ、体全体のだるさを招くそうです。そういった症状を防ぐためにも、冷え性対策は重要になってきます。

その冷え性対策としては、まずは食生活に気を付けることです。食材には体を温めるもの、体を冷やすものがあります。それらを見極め、体の中から温めることが大事です。また、物理的に体を冷やさないよう、下着や洋服などのアイテムで冷やさない工夫が必要です。特にお腹は大事ですから、エンゼルの妊婦帯や、コッティショーツなど、冷え性対策としても、有効なアイテムと言えますね。

関連記事

  1. 肌着の着せ方のコツ、ポイントとは

  2. 正しいオムツの当て方とは?

  3. 戌の日カレンダーを作ろう

  4. 妊婦帯の着け方をレクチャー!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP